AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成29年9月7日木曜

平成29年9月7日木曜

韓国人52歳、特定健診で来院。どうやらいろいろと心配性らしい。検査をうけるより結果を聞く方が心配だと。ペルー人女性49歳女性、初めての来院。風邪ひき、診察と処方。フィリピン人女性59歳、片頭痛。最近、よかったようだが、天候が不順になり、このごろ頭痛が多いという。緊張性頭痛を片頭痛と勘違いしてトリプタン製剤を内服しているのではないかと疑って、いくつかの質問をしてみたが、やはり片頭痛のようだった。よく日本人には頭の片側が痛くなるから片頭痛だと考えて、やってくる人がいる。片頭痛の「片」から連想するのであろうが、片頭痛でも両側が痛くなることもしばしばある。フィリピン人やペルー人の患者の中にも片頭痛の患者が複数いるが、彼らはあまりこういう誤解はしない。よく考えたら、いやよく考えなくても当たり前で、英語のマイグレンにしてもスペイン語のミグラニャにしても、「片側」を連想させるような単語ではないからだと思う。夕方になって中国人男性36歳、EDの相談。専門医を受診するようにと話したが、まずは薬を欲しいとのことで、「その手」の薬を処方した。昨日は用事があり、参議院会館へ。車を運転して行ったので、どこか近くに駐車場はないか?と探したが、見つからず、会館に電話をかけたら一般用の駐車場があるとのことで助かった。終わってから大和に戻り、医師会の病診連携の会に出席。帰宅が9時半ごろ。これでは水曜日の休みが全く休みではない。疲労感を感じてそのままベッドへ。朝まで熟睡した。
  • 2017/9/7 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (150)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1570