AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成29年6月29日木曜

平成29年6月29日木曜

ガーナ人男性49歳、会社で健診を受けたところ、何かがひっかかって、病院に行って診断書をもらってこいと言われたとのこと。ひっかかっていたのは血圧と脂質代謝。朝から食べていないと言うので、採血をした。診断書は次回、渡すと話した。近くの米軍基地の中からやってきたアメリカ人女性62歳、娘さんが同行してきた。近くの米軍基地内には小さな診療所しかなく、重症?な人は横須賀の米軍病院まで行くことになる。ただ、そちらに行けば今度の問題はないはずだ。どうして僕のクリニックにやってきたのか?と尋ねたら、基地の診療所?で僕のクリニックに行くようにと指示されたとのことで驚いた。病歴と内服薬が半端ではなく、これを理解するだけでも15分ぐらいはゆうにかかってしまった。主訴は咳、痰、のどの痛みと目のかゆみとのこと。呼吸音はきれいだが、病歴にリンフォーマのstage4 とあったので、念のために胸部レントゲンを撮影したが・・・太り方も半端ではなく、日本人の一般的な人の倍の線量ならなんとか撮影できるかと試してみたところ、なんとか読める写真が撮れた。Hay fever もあるとのことで、アレルギーに強い小児科のほうで診てもらった。基地内の人なので、当然だが、日本の国保社保には加入できず、自費診療となる。自費診療として保険診療10割をいただき、患者が加入している米国の保険会社向けの支払い証明書を書いた。午後になってフィリピン人女性39歳、市内の南部から初めて来院。胸がやや重いように気がして血圧を測定したら170を超えていると駆け込んできた。以前に高血圧で近くの医療機関を受診したことがあるという。父方が血圧が高いとのこと、何度計測しても180/120程度、これじゃ胸が苦しくても不思議はない。39歳でこれでは思いやられる。血圧が下がったら、薬をやめてもいいですか?と尋ねられたので、それがベストだが、そうはいかないだろう、内服してコントロールできても、これだけ血圧が高いのなら、やめるとまたはねあがると思うよと話した。次回は脂質代謝の採血と降圧効果のチェック。
  • 2017/6/29 9:02
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (160)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1527