AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成23年6月14日火曜

平成23年6月14日火曜

朝、診療の前に郵便など整理する。国保連合会から封書、あけてみるとレセプトの点数が切られて帰って来た。要するに減点、お金を引かれたということだ。日系ペルー人の男性、減点理由に「国保加入の資格はあるが、今は入っていない」とある。要するに過去に国保に加入していたが、掛け金を支払わなかったために使えなくなっているということだ。その保険証を窓口で出したのだろう。とくに土曜日に来られると役所がお休みなので保険証が有効かどうかの確認のしようがない。意図的なのか、知らなかったのかは不明だが、こういうケース、日本人も少なくない。どうにかならないものだろうか。火曜日はタイ語の通訳が来てくれている日なのにだれもこない。夕方になってタイ人、ラオス人とやってきた。チャイヤブーン出身のタイ人女性、「先生、うれしーい、あさってねタイに戻るの、一カ月」。たぶん太ってもどってくるだろう。ラオス人女性がやってきたときにはほかに患者がいなかったので「楽しいラオス語会話」を教わる。日本語「今、何してるの?」→タイ語「タム アライ ユー?」→ラオス語「ヘッニャン ユー?」。こんな楽しい勉強が診察室でできるのも僕の特権だ。
  • 2011/6/14 17:36
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1790)

トラックバック