AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 2月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 1 2 3 4
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成29年2月20日月曜

平成29年2月20日月曜

18日の土曜日は21人の外国人患者。インフルエンザもこの時期になると典型的な症状が出ないことも多いが、頭痛、体の痛みはやはり強いようだ。アルゼンチンの男性58歳、感冒症状はあまりはっきりとしないが体の痛みを訴え、額に手をあてると熱かった。37.6度で昨晩ももっと熱かった気がするとのこと、検査をするとA型インフルエンザだった。カンボジア人男性55歳、アルゼンチンの男性とほぼ同じ症状、本人はインフルエンザではないと言い張るが説得して検査を行ったところ、A型インフルエンザだった。いっしょにやってきたカンボジア人の奥さん55歳は、僕が30年前に公立病院の外科に勤務しながらインドシナ難民大和定住促進センター嘱託医を務めていたころ、タイのサケオの難民キャンプからやってきた人で長いつきあいになる。日本のことも知り尽くしているはずなのに、無保険になっていた。保険の掛け金を支払うのがいやになったのだろう。こういう無保険のときに大きな病に倒れると大変なことになる。意識的な行為であるので、やんわりとお小言を言った。ペルー人女性20歳、2週間前に胃が痛いとやってきて内視鏡検査を行い、内服薬を処方したのだが・・・ほとんど日本語は話せずに難儀した。やってきて、まだ痛いと話すので、どうすべきかと腕組みしていたら、咳をする。おや、もしかして痛いのは胃ではなくて体かな?と思い、尋ねてみるとその通りだった。咳も痰もあり、軽度の発熱もある。もしやと思って行ったインフルエンザの検査ではB型インフルエンザ陽性であった。1時に診察が終えてから、食べて少し寝て・・・午後2時頃より依頼された6千字の現行を書き始め、6時前に書き上げた。そして少し休み、午後8時から11時まで休日急患診療所の当番を務めて、帰宅したのが11時半。長い一日だった。
  • 2017/2/20 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (268)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1441