AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 1月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成29年1月6日木曜

平成29年1月6日木曜

新年は穏やかに幕をあけた。年末年始の休暇の間にクリニックのフィリピン人通訳スタッフの携帯にインフルエンザに罹ってしまったと電話があったという報告を聞いた。いずれもインフルエンザの予防接種を受けておらず、今後はきちんと受けてほしいと話したとのことだった。たしかにきのうの日本人のインフルエンザ患者を診ていても、予防接種を受けている人は明らかに症状が軽い。軽く済んでしまうということだ。アメリカ人男性69歳、遠方から来てくれる。当初はとっつきにくく、話しにくい印象を受けたが、何かは忘れたが相談をされてそれがうまく解決できてからはがらっと印象が変わって、今はなんでも話してくれる。昨日も日本にやってきてからのことを笑顔でずっと話して教えてくれた。こういう話を聞いておくことはその人となりを知る上でも大切であり、日本人の患者であってもよほど忙しい時以外は話に乗るようにしている。午後になり、日経メディカルの記者から外国人医療の医療費の問題についてインタビューしたいとメールが入ってきた。聞きたいという内容をみると、いいところをついていると思う。ただ単に医療費についてということではなく、こういう具体的なことを項目にして尋ねてくるというのは医療費の問題が医療機関の経営も含めて危機管理にもたらす重要性について「気がついてしまった」からにちがいない。
  • 2017/1/6 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (337)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1411