AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2016 12月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成28年12月12日月曜

平成28年12月12日月曜

フィリピン人男性72歳、夜間頻尿があると来院。彼はフィリピン生まれ、フィリピン育ちだが、父親は太平洋戦争前に日本から移住した日本人だ。戦後数十年を経て、ようやく日本人の子孫ということが確認できて日本国籍を復活できたひとりだ。フィリピンには太平洋戦争が終わるまでに生まれ、周囲からあるいは本人が日本人の父親とフィリピン人の母親との間に生まれたこどもである、すなわち日本人だという人が3400人程度はいるそうだ。しかし、戦後、生き残った日本人である父親は日本に強制送還され、残ったフィリピン人の母親とこどもたちは日本人を憎むフィリピンの人たちやゲリラの仕返しを恐れ、日本人であるという証拠を焼いたり捨てたりして苦しい生活をしてきたそうだ。3400人程度のこれらの人たちのうち、日本人の子孫であることが確認できて日本国籍を回復できたのはその半数以下であるそうで・・・話は長くなった 彼はその一人だ。そういう理由で日本語は全く話せない。やむをえずに過活動膀胱の薬を2週間ほど処方してみたが、まだ症状があるというので、前立腺のチェックをしてみた。肥大症の内服薬を処方しつつ、前立腺の腫瘍マーカーであるPSAを採血して測定してみたところ、正常値が4.0以下なのに33.1という数字、直腸肛門診では前立腺は固く大きく触れる。このデーターからは前立腺がんを疑わざるをえず、日本語が話せないとしても僕のクリニックで診るわけにはいかないので、このあたりの理由を説明して近くの公立病院の泌尿器科への情報提供書を書いたが・・待っている間、彼の顔色が蒼くなって不安におびえていることがよくわかった。がんと決まったわけではないが、精密検査が必要なので行ってもらいたいとは話したのだが・・・。
  • 2016/12/12 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (323)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1399