AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2016 8月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成28年8月16日火曜

平成28年8月16日火曜

あさってから夏季休暇という昨日の月曜日、ペルー人男性52歳、特定健診を受けるために来院したついでに胃がん検診の内視鏡検査もしてほしいとのこと。すでに午前中は2名の予定があり、午後も2名の予定が入っていた。合計4人のうち、3人がペルー人で顔ぶれを見ると皆、キャンセルなどしそうもない人たちで、さらに残りの1人がイタリア人・・・結論からいうと緊急ケースではないのでお断りして、休み明けにあらためて予約を入れることにした。ところが・・・その後の午前中の診療で、胃の具合の悪い若い日本人女性、明らかに下血している日本人の70代の女性が来院、午後から緊急内視鏡を入れざるをえなくなってしまった。けっきょく一日6件の内視鏡検査をこなしてしまった。内視鏡を予定していた3人のペルー人はいずれも約束通りの時間にしっかり来てくれた。好印象。イタリア人男性はピロリ菌の検査も行ったが、陰性だった。先日から感染性爪刺症で右足の親指の爪を抜爪したフィリピン人男性、患部も非常にきれいになってきた。土曜日はタクシーの中に保険証やら大切なものを置き忘れたと落ち込んでいたが、忘れ物は彼の手元に既に戻ってきていた。「やっぱり、日本だよねー」、この彼の言葉を裏切らない日本でいつまでもあってほしい。
  • 2016/8/16 9:10
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (612)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1324