AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2016 8月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成28年8月15日月曜

平成28年8月15日月曜

フィリピン人男性52歳、感染性爪刺症でやむをえず、伝達麻酔下に足の親指の爪を取ったのが木曜日、金曜に傷の状況を見て消毒をしようとかがみこんでガーゼをはがそうとしたら、触ってもいないのに突然「イタァーイ」と大声を出した。驚いてかがみこんだ身をあげて彼の顔を見たら・・・笑っている。なかなかおちゃめな性格らしい。ところが・・・土曜日にやってきたときにはうなだれて青い顔をしていた。どうしたの?と尋ねたら、クリニックに来るタクシーの中に保険証とか忘れてたとのこと。幸い、サイフは手に握っていたから忘れなかったと。ここは日本だからきっと戻ってくる、そう信じてるよと話して帰って行ったが・・・・そうあってほしい。ペルー人女性、高血圧と不眠症で来院。1か月前にやってきたときに見せてくれた会社での健診の結果、s-GPTなど肝機能がよくなかったので、2週間前に採血だけに来てもらい、A型肝炎抗体やB型肝炎のS抗原など調べたが、やはりA型肝炎抗体が相当の高値だった。さらに詳しい検査は場合によっては必要かもしれない。それにしても東南アジア、南西アジア、南米からやってきた人たちのなかにA型肝炎の影響と思われる肝機能障害が多い。念のためにグリチロンとウルサを処方して、元気そうなので2か月後に採血して比較してみることにした。あさっての水曜から夏季休暇、きょうの月曜も混みそうだ。
  • 2016/8/15 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (546)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1323