AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2019 8月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成23年10月16日日曜

平成23年10月16日日曜

きのうやってきたフィリピン人女性が来月、出身地のダバオに一時帰国するという。こどもに会いに行くらしい。彼女の例も典型的ジャパユキさん後日談である。エンターティナーとして日本にやってきてフィリピンパブで働き、言い寄ってきた日本人と結婚、こどもが生まれた。しかしだんなさんには彼女のフィリピンの家族が「満足するだけ」、毎月送金することができず、なんだかんだで彼女はこどもをフィリピン・ダバオの家族のもとに連れて行き、自分はだんなさんと別居、いとこの女性と同居しながらフィリピンパブで働きながら毎月5万円を送金しているという。もうひとりやってきた女性にもフィリピンの家族に送金しているかと尋ねると10万円送っていると答えてくれた。けっきょく彼女たちは日本人と結婚しても「house wife」になるのではなく、なんらかの手段でフィリピンの家族を養うことになる。House wife になるのはだんなさんに生活力が有り余ってある場合のみ。僕が心配しているのはいつも彼女たちの健康だ。中には昼も夜も働く人がいる。毎月30万を送っていた。高血圧もひどくそんなことしていると死んじゃうよと再三言っているのに聞き入れてはくれず、ある日、脳卒中であっけなく死んでしまった。こんなことを繰り返してはいけないのに。
  • 2011/10/17 8:59
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1955)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/130