AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成23年6月12日日曜

平成23年6月12日日曜

夕方になってフィリピン人男性患者から電話があった。自分の経営している相模大塚駅北口近くのフィリピンレストランでオープン2周年の食べ放題をやっているから来てくれないかと。行ってみたらすでにすごい人、日本人は僕を入れても2人。ドクトールと呼ぶ方を向くと患者の中年フィリピーナが2人、ありがたいことに席をあけてくれた。こういう店は貴重だ。予防接種のこと、検診のことなどタガログ語で書いて壁に貼っておいてもらう。レストランなど同じ国の人が集まるところで広報をすると彼らのコミュニティに情報を広めることができる。いつだったか、子宮頚がん予防ワクチンであるサーバリックス接種に市からの補助が降りることになり、その翻訳したポスターを持って行ったことがある。次に行ったときにトイレに入って便器に座ったら目のまん前にポスターが貼ってあったのには驚いたが笑えた。たしかに「一番見やすい」ところだ。帰るからお代は?と尋ねると、きょうはパーティだからいらないよ、ドクと言われた。それにしてもあの料理ではコレステロールも中性脂肪も血圧も高くなるだろう。でまたクリニックの患者が増えるというわけだ。やれやれである。
  • 2011/6/12 9:01
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1905)

トラックバック