AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2019 8月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成23年10月14日金曜

平成23年10月14日金曜

きのうの小児科は国籍たくさん。フィリピン4人、中国2人、韓国、ペルー、メキシコ、インド各1人。夕方、クリニックの職員通用ドアを出たらクリニックの入り口のところでインド人のお嬢ちゃんが小児科でもらったシールに夢中になっていた。どこの国でも子供は同じ。朝、ひさしぶりに見る顔、日系アルゼンチンの70歳の男性、いまは茅ケ崎市に住んでいるという。風邪をひいたのでみてほしいが、ついでに心臓もコレステロールもと言いだしたので、日本の保険はなにか症状があるなど病気じゃないと使えないと言ったら・・
心臓のバイパス手術をアルゼンチンで受けてきたという。抗凝固剤、降圧剤、高脂血症の薬などアルゼンチンから送ってもらっているが、検査はしていないから診てほしいとのこと。これなら保険診療することができる。それにしても薬は全部送ってもらって日本では定期的に医師に診てもらう必要はないという考えはどうだろう。僕としては非常に心配になる。こういうケース、ものすごく多い。けっきょく薬は自己管理だが、ほとんどの場合がいいかげんになってしまっている。長い期間、日本に住み続けるならなんとか考えてほしい。
  • 2011/10/14 13:46
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1678)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/128