AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 11月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成27年11月30日月曜

平成27年11月30日月曜

28日の土曜日は一か月に一回、ベトナム人通訳がやってくる日、外国人患者も23人と多かった。ベトナム人8名、フィリピン人7名、ペルー人2名、パラグァイ人2名、アメリカ人、ガーナ人、カンボジア人、パキスタン人各1名。フィリピン人女性の新患34歳、近くのクリニックから紹介されてきた。日本語で尋ねても英語で尋ねても、いっしょに付いてきたフィリピン人らしい男性が話をする。もしかしてタガログ語しか話せないのかと思い、フィリピン人スタッフに話してもらうが、それでも男性が答える。恥ずかしがり屋というよりどうやら何事も消極的な性格らしい。ただ病気に関する話は本人がしてくれないと正確ではない可能性が出てきて困る。「ご主人ではなく、あなたが答えて」と英語で話したら、彼女が「この人は夫ではない」と答えたので、いったいどういう関係か不明だ。そういえば彼女の姓は日本名だった。めまいがあり、近くのクリニックで採血したら肝機能が悪くてそれで紹介されたらしく、血液検査の結果を持っていた。A型肝炎、B型肝炎なども疑わねばならないだろう。この数か月で7キロぐらい体重が増えたそうで、コレステロールや中性脂肪も診ておこうと採血のさいに「きょうは食事した?」と尋ねると、男性と顔を合わせて「9時ごろ食べた」と話していたので、いっしょに朝食を食べる仲ということなのだろう。これ以上はプライバシィーに立ち入らないことにした。看護師に採血を頼んだが、血管がわからないという。こういう場合は僕が採血する。無事に一回で採血できた。
  • 2015/11/30 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (735)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1152