AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 11月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成27年11月5日木曜

平成27年11月5日木曜

受付から外国人女性がメディカルチェックアップをしてほしいと言っているが受け付けてもいいかと連絡があった。何のメディカルチェックアップなのかと尋ねても、要領をえない。心電図も胸の写真も血液検査もしてほしいと繰り返しているという。メディカルチェックアップというと何の症状があっての受診ということなので、自費診療になってしまう。同じインド人のご主人の社会保険に加入しているとのことだが、とりあえず受け付けるようにと話した。僕の経験では外国人患者がメディカルチェックアップをしてほしいと来院する場合は、多くの場合、なんらかの症状がある。すなわち日本の公的保険に加入している場合は保険診療の対象になることが多い。診察の順番になり拝見すると案の定、めまいがすると訴える。目瞼結膜をみるとやや白い。貧血があるのだろう。動悸も貧血のためと思われる。結局は思った通り、保険診療の対象だったので保険診療とした。こういうケース、よくよく問診しないと自費診療で高額の医療費を請求してしまう。
  • 2015/11/5 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (711)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1135