AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 10月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成27年10月27日火曜

平成27年10月27日火曜

カンボジア人女性73歳、インドシナ難民として日本に受け入れられてはや30年、いつもの診察のあとに「せんせい、つぎに来た時にインフルエンザの注射お願いね」と言われた。まったく日本人と同じ、よくわかっている。フィリピン人女性54歳、糖尿病の血液検査の結果がよかった。喜んでくれた。中国人女性42歳、以前に内視鏡検査を行った時にヘリコバクターピロリが陽性、除菌療法を1週間処方したが、その後効果を確認する呼気テストの予約には来なかった。1年経過して別件でやってきたのであらためて飲まず食わずで来てもらって呼気テストを行ったのだが・・・・結果は陽性。たぶん1次除菌剤の耐性株だったのだろう。きのうはこの話をして2次除菌療法を1週間処方した。ペルー人女性40歳、40歳になったので今年が初めてのがん検診の年。内視鏡検査は不安というのでサイレースを注射して寝てもらって行った。大きな病変はなかったが、採取した組織で調べたヘリコバクターピロリ検査は強陽性だった。こちらは1次除菌療法剤を1週間処方。1月になったら呼気テストで効果を確認しましょうと話した。ペルー人女性50歳、家系的に高コレステロール血症らしい。今回の血液検査の結果を聞きにやってきた。LDLコレステロールが284と話すとがっくりとした表情、やっぱりちゃんと薬飲みますと話した。LDLコレステロールが高くてもさしあたって何か症状があるわけではないので、将来の病気につながるよと話してもなかなか理解してくれないようだ。彼女のように日本語も上手、日本社会にしっかりと溶け込んでがんばっている人でも薬の飲み方に関してはここ数年、実にいい加減になっている。今後、きちんと内服してくれることを祈りたい。書き記したあれやこれやが毎日の小林国際クリニック。
  • 2015/10/27 9:05
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (679)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1131