AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 10月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成27年10月19日月曜

平成27年10月19日月曜

フィリピン人女性40歳、横浜方面で英語の先生をしているという。たしかにフィリピン訛りがあまりない英語だ。会社で検診を受けたら胸部レントゲンで縦隔腫瘍の疑いとのことで精密検査を目的に来院。正面と側面を撮影したがいずれも僕の目には異常がないように見える。ただ検診で疑いを指摘されている以上、はっきりとさせなければいけないのでわけを話してCT撮影まで行うことにした。先日、パソコンにスカイプをインストールしてAMDA国際医療情報センターと新たな通訳業務のお試しをしてみるつもりだったが・・・・なかなか試すべき適切な患者がいなくてセンターのスタッフがやきもきしているのではないかと申し訳なく思う。よくよく考えてみたら今まで年に数回ぐらいしか電話通訳をお願いしてこなかったわけで・・・ということはほとんどのケースは僕のクリニックの内部で言語対応してきたということになる。だからなかなかそういう適切なケースがないということだ。僕の申し訳なさはしばらく続くかもしれない。このところ、センターの電話通訳の相談件数は明らかに増えているし、「全国区」になっていることがわかる。
 先週の金曜日、6年近く使っていたパソコンが突然画面が真っ暗のまま立ち上がらなくなってしまった。近くの技術で有名な専門店に持って行ったところ、基盤が壊れていて情報も取り出せないとのこと、幸い大切な情報はUSBに保存してあって助かったが・・・どうしてもそのパソコンでなければ対応できないことが二つほどあって頭の中はパニック、しばらく呆然としていた。新品のパソコンのほとんどはウィンドーズ8であまり評判がよくなく、発売になったばかりの10は数種類の新品には搭載されていたが、巷のソフトが追い付かず、結局動かなくなったパソコンと同じソニーのバイオのウィンドーズ7搭載の中古品を買ってきて、この土日で必死に回復作業。きょうの昼休みでなんとか終わるめどが立ってようやく気持ちが軽くなった。
  • 2015/10/19 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (679)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1125