AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 9月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成27年9月14日月曜

平成27年9月14日月曜

さすがに土曜日は外国人の患者が多い。12日も17人がやってきた。ベトナム人の通訳がやってくる日だったのでやはりベトナム人がいつもより多く、4人。糖尿病の奥様と前立腺肥大のご主人、いつもと変わりなくよかった。このご主人、2年前の冬、風邪もひいているのでいっしょに診てほしいと言われ、服を脱いでもらって胸に聴診器をあてようとしたらその胸に皮膚の発赤とひきつれがあった。引っ掻いたからとおっしゃるのだが、そんな一次的なこととは思えず、近くの公立病院の皮膚科に診てもらったところ、皮膚がんの一種だった。手術を終えて今は元気。あのとき、ただ単に症状を聞いて薬を処方するだけにしていたら見つからなかったろう。やはり必ず目でお体を確認することも必要と思う。ペルー人男性48歳、突然やってきて特定健診をしてほしいとのこと、朝のうちはさほど混んではいなかったので受けた。同じくペルー人女性の新患46歳、咳がひどくて隣のF市からやってきた。この程度なら僕のクリニックまでわざわざやってこなくてもいいと思い、どうしてここまで来たのか?と尋ねると、外国人をあまり診ていないところには行きたくないと言われた。そういう気持ちになってしまう、いやさせてしまう日本の医療機関に問題があるのだろう。もうすぐ秋分の日、もう秋。
  • 2015/9/14 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (827)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1103