(特非)AMDA国際医療情報センターについて

組織の名称 特定非営利活動法人AMDA国際医療情報センター
住所 電話相談という活動の性質から非公開としています
連絡先 連絡先はこちら
発足日 1991年4月
役員
理事長 小林 米幸
副理事長 中西 泉
理事・大阪代表 福川 隆
理事 菅波 知子
理事 藤居 慶一
監事 高岡 邦子
(2015年4月1日現在)

 

設立の目的

在日外国人に母国語による医療情報を電話にて提供し、基本的人権に基づいた生活を送ることが出来るよう、その一助となること。

外国人患者受け入れに悩む日本の医療機関に外国人の医療に関する情報を提供し、スムーズな受け入れを支援すること。

以上を通じて日本社会の国際化に貢献すること。
 

設立およびその後の経緯

1991年4月東京都世田谷区のワンルームマンションに設立し、外国人からの医療・医事電話相談事業を開始しました。

1993年2月に東京都衛生局、同年5月からは財団法人東京都健康推進財団より、外国人都民に対する医療情報提供事業および救急通訳事業を委託事業として受託し、これに伴いオフィスを新宿区へ移転しました。

1993年12月に関西空港開港をひかえ、外国人の増加が予想される関西地区に対応するため、AMDA国際医療情報センター関西を設立しました。一部大阪府より補助金を受けています。2015年4月1日よりセンター関西を大阪オフィスとして再編しました。

いわゆるNGO(非政府組織)であり、宗教・政治に不偏不党であることが一貫した立場です。

1999年にはこれまでの業績に対して、第一生命保険相互会社主催の第51回保健文化賞、及び第14回東京弁護士会人権賞を頂戴しました。

2001年4月12日付けで内閣府より「特定非営利活動法人」格の認証が下りました。これに基づき、登記を済ませ、「特定非営利活動法人AMDA国際医療情報センター」として発足致しました。
 

組織図

image


 

image