AMDA国際医療情報センター
supporter
login
トップ  >  NO.77 ボランティアの皆さん、いつもありがとうございます

 ボランティアの皆さん、いつもありがとうございます。


毎朝出勤して、「その日のスケジュールを考える」=(イコール)「その日活動してくださるボランティアを思い浮かべる」生活を送っています。センター関西の活動はボランティアさんを中心として回っているといっても過言ではありません。電話を待っても、待ってもかかってこない日は、せっかく来てくださっているのにと「誰か相談電話をかけてください」と祈りをささげ、電話がドンドンかかってきた日は、てんてこ舞いしながらもあれこれお願いして「ほんまによかった」と大満足。ご縁に恵まれて現在センター関西で活動してくださっているボランティアさんを紹介させてください。


現在センター関西には13名の方がシフトを組んでボランティアとして活動してくださっています。特に3人の方には長年に亘ってお世話になっています。1999年半ばから活動されているIさんはとても朗らかで、センターを明るく照らしてくださっています。アイディアも豊富、勉強熱心、広い範囲の知識にいつもお世話になっています。その数ヶ月後から活動されているKaさんのブレのない、外国人をサポートするためにセンターに来ているのだという意思をいつもお手本にしています。仕事以外の自分の居場所を作りたいという言葉も印象的でした。翌年から活動されている1児の母だったKbさんは今は3児の母。活動当初から温かい母の気持ちで私たちを包んでくださっています。3人とも仕事や家庭の事情で数ヶ月お休みされた事もありますが、落ち着いてから活動に復帰してくださいました。活動を再開しますという連絡は、何度頂いても嬉しいものです。 次は火曜日のお三方。語学にスポーツに打ち込んで人生を謳歌されている姿がまぶしいHさんは活動4年目。電話がかかってこない間にも、第2外国語の単語帳を繰っていらっしゃいます。同じ時間帯で活動中のOさん(2年目に突入)は新規協力医療機関開拓にもご協力いただいています。午後担当のYaさんは活動を始めて9ヶ月です。相談対応以外にも精力的に事務局の手伝いをしてくださる頼もしい方です。


そして不定期とはいえ、ほぼ毎週、抜けることなく来てくださる活動歴5年目のMaさんの存在はとてもありがたいのです。いろいろなご都合でお休みされる方のシフトに入って下さいます。そして教育畑からは、活動歴4年目の元教師のMbさん、同4年目で語学講師のMcさん、活動歴3年目で現役教師のNさん。どの方も「教えながら学ぶ」を実践されていて、こんな先生に習っていたら私の語学力も今よりずっとよかったかもしれません。センターが行った医療通訳ボランティア講座出身で活動3年目のTさん。語学、医療、さらには相談対応全てに関心を持ち熱心に取り組んでいらっしゃいます。6月から活動を開始してくださったYbさん、これからどうぞ宜しくお願いします。昨年からネットボランティアをして下さっているTさんのお陰でサイトの整備が進んできました。


最後にボランティアとして席を残したまま病気でなくなられたKcさんとUさん。特に10年以上お世話になったKcさんが今でもいらっしゃったらと、思い出すこともしばしばです。いつも見守ってくださってありがとうございます。


現在センター関西ではこんなボランティアさんと一緒に週1、2回勤務してくださるアルバイト事務局員を募集しています。興味をもたれた方は是非一度06-4395-0555までお電話下さい。お待ちしています。 (センター関西I)

プリンタ用画面
友達に伝える
前
NO.77
カテゴリートップ
NEWSLETTER 案内
次
NO.78