AMDA国際医療情報センター
supporter
login
トップ  >  NO.37 新しい門出を迎えて
新しい門出を迎えて

NPO法人AMDA国際医療情報センター理事長
小林米幸

 本年4月21日付けで内閣府より「特定非営利活動法人」格の認証がおり、ここに新たに「特定非営利活動法人AMDA国際医療情報センター」がスタートいたしました。日常的には「NPO法人AMDA国際医療情報センター」を名乗ることになります。申請にあたり、膨大な資料の作成が求められました。これらの資料を頭を悩ましながらも根気よく正確に作成することは並大抵の努力ではありません。作成に汗水たらされた青木事務局長および事務局の皆さん、また今回に限らず常日頃、会計関係にボランタリーでお力を貸してくださっている石川恵一氏に心より敬意と感謝の意を表するしだいです。

 現在のところ「特定非営利活動法人」格を取得しても寄付金が非課税になるわけではありません。しかしながら会計をガラス張りにすること、そして内閣府より認証されたという社会的信用を得たこと、以上により任意団体としての活動の10年の歴史の節目である本年にさらなる飛躍の土台ができたことは誠に喜ばしいことであります。

 ある人は英会話の教師として、ある人はエル・ドラドを夢見て、場合によっては手段を選ばなかったバブルのころの外国人の来日ラッシュは景気の低迷とともに影をひそめたようです。しかし、外国人登録者の数はそれでも年々増加しており、南米からの日系労働者の中にも定住、永住、帰化する人さえ現れ、異文化、異言語を持った人々の問題が我が国にとっては一時的に小手先の対策で終わる問題ではなく、また地域的には大都会から全国的な問題として考えるべきところまで来ており、AMDA国際医療情報センターの存在意義はますます高まることと想像できます。

 当センターと兄弟組織である国際緊急医療援助組織AMDA(本部岡山)も既に「特定非営利活動法人」の申請を終え、順調に進めばこの8月にも認証されるとのことです。この2つのAMDAグループの中核組織が各々の国内、国外での活動を通じてある時は協力し情報を交換しあい、AMDAグループに相乗効果的な発展をもたらすものと期待しております。

 今後とも皆様のご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げるしだいです。


(AMDA国際医療情報センター NEWSLETTER NO.37より)
プリンタ用画面
友達に伝える
前
NO.37
カテゴリートップ
NEWSLETTER 案内
次
NO.37 資格があっても保険に加入できない人たち