AMDA国際医療情報センター
supporter
login
トップ  >  NO.34 モーニングアフターピル
モーニングアフターピル

 モーニングアフターピルは、事後ピルあるいは緊急避妊薬とも呼ばれるものです。避妊していない状態あるいは避妊に失敗した状態での性交渉の後、望まない妊娠を防ぐため、緊急の手段として使われるものです。性交後72時間以内に、既に妊娠していないことを確認した上で、レボノルゲストレル(黄体ホルモン)とエチニールエストラディオール(卵胞ホルモン)を一定量摂取し、さらに12時間後に同量を摂取すると、妊娠回避の効果があるというものです。回避率は75%(24時間以内に服用をはじめると95%としている資料もあります)で、一般的な副作用として吐き気、嘔吐を伴うということです。(註)

 センターでは、モーニングアフターピルが欲しいという相談を、以前からときどき受けていました。相談者のほとんどが欧米から来ている方たちで、自国で入手可能なものだから、日本にもあるだろうかと思って電話してこられたのでしょう。しかし、モーニングアフターピルをだしますというのはごく一部の限られた医療機関だけで、処方できないとするところがほとんどでした。「モーニングアフターピルがなければどうすればいいの?」と言われると、「妊娠していないことを祈るしかない」と答えざるを得ないときもありました。

 ところが、昨年あたりからモーニングアフターピルを処方するという医療機関が少しずつ増えてきました。これについて、いくつかの要因が推測できます。望まない妊娠から人工中絶をするのを防ぐ方法として、モーニングアフターピルについてより多くの情報が発信されるようになったこと。昨年解禁となった低用量ピルには上記ホルモンを含むものがあり、ホルモン量がモーニングアフターピルと近似値となるように調整し服用することで、妊娠回避の効果をねらえること。また、海外の薬を個人輸入するケースが増え、モーニングアフターピルも代行業者を通じて簡単に入手できるという事実も影響しているかもしれません。バイアグラなどと同様、副作用等のことを考えると個人の判断のみで服用するのは危険です。医師が処方し、服用後もフォローする方が安全です。

 いずれにせよ、日本でもモーニングアフターピルを入手できる機会が増えました。「コンドームが破れてしまった・・・モーニングアフターピルがほしい」と困った様子で電話してくる相談者の希望にそえるようになったのはありがたいことです。それでも、緊急避妊薬と明記された商品が販売されている欧米の国々(特にフランスでは、昨年6月から処方箋なしで薬局での購入が可能となった)と、低用量ピルの転用でのみ処方できる日本には違いがみられます。レイプや避妊の失敗からの、望まない妊娠を回避する方法をしっかり確保しておきたい女性たち。一方で、モーニングアフターピルが普及すると、普段からきっちり避妊することを心がけず安易に性交渉を持つようになると危惧する人たちもいます。このほか様々な見解がある中、各国の価値観や事情によってモーニングアフターピルの受け入れ方が決まっていくのでしょう。日本で、今後どのように状況が変化していくのかを追っていくと同時に、モーニングアフターピルを希望する人にその目的と使い方を、しっかり伝えていくことが大事であると思われます。(センター関西)◆◆◆

(註)参考資料
“Handbook of Gynecology & Obstetrics”J.S.Brown & W.R.Crombleholme編、Prentice-Hall International発行
“The Emergency Contraception Website” operated by The Office of Population Research at Princeton University (http://ec.princeton.edu/index.html)


(AMDA国際医療情報センター NEWSLETTER NO.34より)





image
医療法人社団永生会
〒193-0942 東京都八王子市椚田町583-15
TEL. 0426(61)4108   http://www.eisei.or.jp

永生病院
病床数667床
一般病床、療養病棟、精神病棟、介護保険型病棟
回復期リハビリテーション病棟

永生クリニック
内科、神経内科、整形外科、リハビリテーション科
永生クリニック西八王子
内科、リハビリテーション科
介護老人保健施設 イマジン

訪問看護ステーション とんぼ

訪問看護ステーション めだか

八王子市在宅介護支援センター 片倉
プリンタ用画面
友達に伝える
前
NO.34 結核予防法 第35条と第34条
カテゴリートップ
NEWSLETTER 案内
次
NO.35