AMDA国際医療情報センター
supporter
login
私たちの願い
私たちの願いは日本に住む誰もが基本的人権に則って適切な医療を受けることができることです。

観光や商用で日本にやって来る外国人だけでなく、近年は日本人と結婚した人、労働のためにやって来て日本に定住、永住する外国人が目立っています。これらの人々をかかりつけ医、病院連携システムなど地域医療システムの中に迎え入れることこそ地域の国際化を推し進めるものと考えます。

このような考えのもと、AMDA国際医療情報センターは外国人に日本の医療情報の提供と、日本人医療従事者に外国人の医療情報の提供を、そして診療時の無料電話通訳を行なっています。
受賞歴
第51回第一生命保健文化賞、厚生大臣賞、NHK厚生文化事業団賞
朝日新聞厚生文化事業団賞(平成11年)
第14回東京弁護士会人権賞(平成11年)
第1回読売プルデンシャル福祉文化賞奨励賞(平成16年)
お知らせ
2014.07.29@(center tokyo)

7月31日のベトナム語はお休みします。 よろしくお願いいたします。


2014.05.01@(center)

センター関西のポルトガル語の対応は金曜日の10~16時になりました。よろしくお願いいたします。


2014.03.31@(center)

2014年4月より8%の消費税率が適用されます。それに伴い、当センターの出版物の価格も改訂させていただきますので、ご理解よろしくお願いいたします。


2013.12.25@(center)

問診表等外国語版の中に「2013年4月1日、BCGワクチン接種に関する変更事項」の英語版、中国語版、タイ語版、ベトナム語版、ハングル版、スペイン語版、ポルトガル語版(すべて日本語併記)を追加しました。是非ご活用ください。 英語版スペイン語版ポルトガル語版中国語版タイ語版韓国語版ベトナム語版 (各言語とも日本語併記)


2013.05.02@(center)

医療機関の受付で来院の目的を伝えるための書式です。症状についての記載ができます。
*ベトナム語版を追加しました。
英語版スペイン語版ポルトガル語版中国語版タイ語版韓国語版フィリピン語版ベトナム語版

(各言語とも日本語併記)


<過去の記事>
更新履歴
2011.04.25@(center)

特定健診・長寿健診に伴う高齢者の生活機能評価の各国語翻訳版は高齢者の生活機能評価という制度そのものが平成23年4月より廃止されましたので削除いたしました。


2009.08.05@(center)

新型インフルエンザへの対応は、当初のものと大きく変化していますので、掲載を中止しました。



<過去の記事>
理事長 Dr.小林米幸の独り言
2014年7月31日
フィリピン人の親子ふた組来院。いずれも日本人と結婚している娘を母親が親族訪問ビザで尋ねてきているケース。たしか同ビザによる在留期間は3カ月のはず。最初にやってきた母親はうつ状態だと思う。次にやってき...
2014年7月29日
ペルー人の母親の健診に息子が付き添って来た。母親は60歳。健診も終わりというころ、母親が最近、ペルーに一時帰国していたというので尋ねてみた。食事はおいしかった? 大きくうなづく。おいしかったらしく、体重...
2014年7月28日
 開業してからは診察の合間に内視鏡検査を行っている。数年前に大和市胃がん検診がバリウムを飲むレントゲン透視検査ではなく、初めから内視鏡検査を行ってもいいという取り決めになった。以後、内視鏡検査の数が...
2014年7月26日
きのうは夕方になってかわいい「お客さん」。ペルー人の母親が風邪ひきで、この「お客さん」すなわちお嬢ちゃんが付き添いでついて来た。このお嬢ちゃん、赤ちゃんのころより通ってきてくれているので、院内を知り...
2014年7月25日
フィリピン人の40台のご夫婦、会社の健診でひっかかったと書類を持ってやって来た。二人とも高血圧。とくに奥様のほうが190/120と極めて高い。LDLコレステロールも高いのだが、食事をしてきたとの話なので、一週間後に...
ブログのトップへ