AMDA国際医療情報センター
supporter
login
私たちの願い
私たちの願いは日本に住む誰もが基本的人権に則って適切な医療を受けることができることです。

観光や商用で日本にやって来る外国人だけでなく、近年は日本人と結婚した人、労働のためにやって来て日本に定住、永住する外国人が目立っています。これらの人々をかかりつけ医、病院連携システムなど地域医療システムの中に迎え入れることこそ地域の国際化を推し進めるものと考えます。

このような考えのもと、AMDA国際医療情報センターは外国人に日本の医療情報の提供と、日本人医療従事者に外国人の医療情報の提供を、そして診療時の無料電話通訳を行なっています。
受賞歴
第51回第一生命保健文化賞、厚生大臣賞、NHK厚生文化事業団賞
朝日新聞厚生文化事業団賞(平成11年)
第14回東京弁護士会人権賞(平成11年)
第1回読売プルデンシャル福祉文化賞奨励賞(平成16年)
お知らせ
2016.08.23@(center tokyo)

センター東京では、土日祝日事務局員を募集しています。

詳しくは平日9-17時に03-5285-8086までご連絡ください。


2016.05.27@(center)

問診票等外国語版の頁に、プライベート保険向け支払済み証明書(海外・国内兼用)の英語版(日本語併記)を掲載いたしました。医療機関がプライベート保険に加入されている患者さんにお渡しする書類としてお使いいただけます。


2016.03.07@(sys)

日本医師会ウェブサイトの「各種お知らせ・報告」の頁、医師のためのとっさの窓口に、外国人患者の診療にかかわる電話相談・電話通訳として当センターのウェブサイト、電話番号が掲載されました。


2016.01.12@(center)

問診票等外国語版の頁の「診察申込書」を改訂し、言語数も増やしました。英語版、スペイン語版、ポルトガル語版、中国語版、タイ語版、韓国語版、フィリピン語版、ベトナム語版(各言語とも日本語併記)


2015.11.17@(center)

2015年10月10日発行の日本医事新報(日本医事新報社)にAMDA国際医療情報センターについて同社が小林理事長にインタビューした記事が掲載されました。


<過去の記事>
更新履歴
2011.04.25@(center)

特定健診・長寿健診に伴う高齢者の生活機能評価の各国語翻訳版は高齢者の生活機能評価という制度そのものが平成23年4月より廃止されましたので削除いたしました。


2009.08.05@(center)

新型インフルエンザへの対応は、当初のものと大きく変化していますので、掲載を中止しました。



<過去の記事>
理事長 Dr.小林米幸の独り言
2016年8月17日
今日から夏季休暇、「独り言」も25日までお休みします。きのうの患者さん・・・ネバール人男性33歳、日本語が上手すぎる。日本にやってきて最初は日本語学校で学んだらしい。どうしてこんなに上手になるの?と尋ねた...
2016年8月16日
あさってから夏季休暇という昨日の月曜日、ペルー人男性52歳、特定健診を受けるために来院したついでに胃がん検診の内視鏡検査もしてほしいとのこと。すでに午前中は2名の予定があり、午後も2名の予定が入っていた...
2016年8月15日
フィリピン人男性52歳、感染性爪刺症でやむをえず、伝達麻酔下に足の親指の爪を取ったのが木曜日、金曜に傷の状況を見て消毒をしようとかがみこんでガーゼをはがそうとしたら、触ってもいないのに突然「イタァーイ...
2016年8月13日
昨日の金曜日はお盆で休んでいる医療機関も多いらしく、朝から「やってますか?」という電話の問い合わせが多かった。僕の診察室では8人の外国人患者のうち6人がフィリピン出身者で、さながら待合室はマニラの街角み...
2016年8月12日
大和市医師会の本年5月開催の定時総会報告書を読んでみたら・・・僕が会長として行ってた職務執行は1年間に224件に上っている。県医師会の会長会や各種委員会に出席したり、大和市行政や保健福祉事務所との話し合い...
ブログのトップへ