AMDA国際医療情報センター
supporter
login
私たちの願い
私たちの願いは日本に住む誰もが基本的人権に則って適切な医療を受けることができることです。

観光や商用で日本にやって来る外国人だけでなく、近年は日本人と結婚した人、労働のためにやって来て日本に定住、永住する外国人が目立っています。これらの人々をかかりつけ医、病院連携システムなど地域医療システムの中に迎え入れることこそ地域の国際化を推し進めるものと考えます。

このような考えのもと、AMDA国際医療情報センターは外国人に日本の医療情報の提供と、日本人医療従事者に外国人の医療情報の提供を、そして診療時の無料電話通訳を行なっています。
受賞歴
第51回第一生命保健文化賞、厚生大臣賞、NHK厚生文化事業団賞
朝日新聞厚生文化事業団賞(平成11年)
第14回東京弁護士会人権賞(平成11年)
第1回読売プルデンシャル福祉文化賞奨励賞(平成16年)
お知らせ
2016.08.29@(center tokyo)

センター東京では、タイ語で電話相談・電話通訳業務をして下さる通訳相談員を募集しています。(土曜日か日曜日の15-20時のシフトに入れる方)詳しくは平日9-17時に03-5285-8086までご連絡ください。


2016.05.27@(center)

問診票等外国語版の頁に、プライベート保険向け支払済み証明書(海外・国内兼用)の英語版(日本語併記)を掲載いたしました。医療機関がプライベート保険に加入されている患者さんにお渡しする書類としてお使いいただけます。


2016.03.07@(sys)

日本医師会ウェブサイトの「各種お知らせ・報告」の頁、医師のためのとっさの窓口に、外国人患者の診療にかかわる電話相談・電話通訳として当センターのウェブサイト、電話番号が掲載されました。


2016.01.12@(center)

問診票等外国語版の頁の「診察申込書」を改訂し、言語数も増やしました。英語版、スペイン語版、ポルトガル語版、中国語版、タイ語版、韓国語版、フィリピン語版、ベトナム語版(各言語とも日本語併記)


2015.11.17@(center)

2015年10月10日発行の日本医事新報(日本医事新報社)にAMDA国際医療情報センターについて同社が小林理事長にインタビューした記事が掲載されました。


<過去の記事>
更新履歴
2011.04.25@(center)

特定健診・長寿健診に伴う高齢者の生活機能評価の各国語翻訳版は高齢者の生活機能評価という制度そのものが平成23年4月より廃止されましたので削除いたしました。


2009.08.05@(center)

新型インフルエンザへの対応は、当初のものと大きく変化していますので、掲載を中止しました。



<過去の記事>
理事長 Dr.小林米幸の独り言
2016年9月23日
 タイ人男性31歳、あかちゃんを連れたタイ人の女性に付き添われてやってきた。エイズの即日検査が希望だということだった。女性は通訳だと受付から申し送りがあった。カルテの名前からタイ人かラオス人かと思った...
2016年9月17日
パキスタン人51歳男性、ときどきやってくる。きょうはどうしたのかと思ったら・・・最近パキスタンに一時帰国して日本に帰ってきたとのこと。前胸部と心窩部が気持ち悪く、住まいの近くの医療機関を受診したそうで...
2016年9月16日
久しぶりに落ち着いた日だった。フィリピン人男性44歳、高血圧で通院してもらっている。4か月に一度の採血の結果を話す日になると、ああ聞きたくないという表情がありあり。というのもいつもLDLコレステロールや中性...
2016年9月15日
神奈川県国際観光課から「訪日外国人旅行者受入れ医療機関に関する追加調査について」という書類が届いた。アンケート形式になっていて目的は訪日外国人が増加している状況から彼らを受け入れる医療機関の調査とそ...
2016年9月13日
不思議なもので・・・10日土曜日は僕を受診した外国人が10人に対して小児科はたった2人、きのうの月曜日12日は僕を受診した外国人が3人しかいなかったのに小児科を受診した人は9人もいた。先日も書いたベトナム人のた...
ブログのトップへ