AMDA国際医療情報センター
supporter
login
私たちの願い
私たちの願いは日本に住む誰もが基本的人権に則って適切な医療を受けることができることです。

観光や商用で日本にやって来る外国人だけでなく、近年は日本人と結婚した人、労働のためにやって来て日本に定住、永住する外国人が目立っています。これらの人々をかかりつけ医、病院連携システムなど地域医療システムの中に迎え入れることこそ地域の国際化を推し進めるものと考えます。

このような考えのもと、AMDA国際医療情報センターは外国人に日本の医療情報の提供と、日本人医療従事者に外国人の医療情報の提供を、そして診療時の無料電話通訳を行なっています。
受賞歴
第51回第一生命保健文化賞、厚生大臣賞、NHK厚生文化事業団賞
朝日新聞厚生文化事業団賞(平成11年)
第14回東京弁護士会人権賞(平成11年)
第1回読売プルデンシャル福祉文化賞奨励賞(平成16年)
お知らせ
2016.05.27@(center)

問診票等外国語版の頁に、プライベート保険向け支払済み証明書(海外・国内兼用)の英語版(日本語併記)を掲載いたしました。医療機関がプライベート保険に加入されている患者さんにお渡しする書類としてお使いいただけます。


2016.03.07@(sys)

日本医師会ウェブサイトの「各種お知らせ・報告」の頁、医師のためのとっさの窓口に、外国人患者の診療にかかわる電話相談・電話通訳として当センターのウェブサイト、電話番号が掲載されました。


2016.01.12@(center)

問診票等外国語版の頁の「診察申込書」を改訂し、言語数も増やしました。英語版、スペイン語版、ポルトガル語版、中国語版、タイ語版、韓国語版、フィリピン語版、ベトナム語版(各言語とも日本語併記)


2015.11.17@(center)

2015年10月10日発行の日本医事新報(日本医事新報社)にAMDA国際医療情報センターについて同社が小林理事長にインタビューした記事が掲載されました。


2015.11.16@(sys)

当センター理事長小林米幸が日本医師会をお訪ねし、センターの業務内容を説明した様子が、同会発行の日医ニュースに掲載されました。

●日医ニュース 第1293号(平成27年7月20日)


<過去の記事>
更新履歴
2011.04.25@(center)

特定健診・長寿健診に伴う高齢者の生活機能評価の各国語翻訳版は高齢者の生活機能評価という制度そのものが平成23年4月より廃止されましたので削除いたしました。


2009.08.05@(center)

新型インフルエンザへの対応は、当初のものと大きく変化していますので、掲載を中止しました。



<過去の記事>
理事長 Dr.小林米幸の独り言
2016年5月31日
カナダ人女性28歳、初診なのにハーイと愛想よく診察室に入ってきた。マスクをしていて初めは顔がわからなかったが、後ろから男性が入ってきて気がついた。先日、この男性の付き添いというか通訳でやってきた女性だ...
2016年5月30日
パキスタン人の母親と小学生のこども二人。隣のA市から来院。長く日本に住んでいるらしい。母親とこどもたちはウルドゥ語で話しているが、こどもたちは完璧な日本語を話し、母親は英語はわかるが日本語は全くわか...
2016年5月28日
フィリピン人女性81歳、娘さんが日本に嫁いでいて、僕のところに通院するようになりもう5年以上。公的保険にも加入している。もちろん不法滞在ではない。ということは定住許可があるということだろうか。なんだか気...
2016年5月27日
タイ人女性53歳。1年近く前に「ご主人」という人を亡くし、その後もいろいろとあったが、とうとう帰国を決意したとのことだった。1週間近くも何も食べていないという枯れ木のようになった「ご主人」を突然クリニッ...
2016年5月26日
韓国人女性46歳、がん検診で胃の内視鏡検査施行。麻酔の静脈注射を施行直前に行った。それでも挿入時に強い力で内視鏡をつかんで抜去しようとする。あわてて手を抑えて、あとは無事に終了した。本人は後で尋ねると...
ブログのトップへ